美容分野で応用したのが美容整形

美容分野で応用したのが美容整形

私達は整形=美容整形と言う風に考えてしまいますが、正しくは病気、事故により不具合の出た身体の部分をもう一度回復させる事を言います。そう、骨、関節や神経、を病気や事故で破損してしまった時の手術や治療、リハビリの事を整形と呼ぶのが正義のです。

しかし、一般化していく中で美容整形と形成外科の区別があいまいになって生きている事も事実です。プチ整形で簡単に鼻整形も出来るようになってきましたね、もちろん大阪でも美容整形される人口はグンと増えています。

その他にも火傷やあざを目立たなくさせるのも含まれますね。私達が思っている美容整形は形成外科がしていて形成外科とは身体や顔の見た目の治療を指しますので、乳がんなどで亡くした乳房付近の傷や先天性などの外相の治療の事を言います。

自身の美しくなりたいと言う思いだけの場合は保険は適用されずに100%費用を負担をしなくてはなりません。美容整形やプチ整形はこれらを応用したもので、よく美容形成とも言われますね。